最近は禁煙ブームなのか、禁煙外来などでチャンピックスを使って禁煙した方が増えているようです。では、チャンピックスで禁煙するにはどれくらいの費用が掛かるのか気になると思うので、チャンピックスに掛かる費用などをご紹介していきます。

チャンピックスに掛かる費用について説明する女性

路上での禁煙と医院でのチャンピックスの処方

煙草の火の温度は800度などと言われていますが、路上喫煙をすることで煙草の火が小さな子供の顔や腕などに飛び散る事で大火傷を負わせる危険性が在ります。

また、路上で歩き煙草をする人の中には排水溝などに煙草の吸殻を捨てると言ったマナー違反を行う人も多い事、煙草の煙は喫煙者本人だけではなく、近くにいる人に対しての受動喫煙をさせてしまうなどの悪影響が在る事からも路上禁煙と言っているエリアが増えています。

路上喫煙と言うのは、立ち止まって吸う場合と道を歩きながらの2通りが在りますが、路上禁煙となっている場所ではどちらの場合も喫煙をすることは出来ません。

受動喫煙のリスクを下げるために行われているのが分煙化であり、店内を全面禁煙にしているお店も在れば、喫煙所を設置しているお店、店内を喫煙席と禁煙席に分離して、喫煙をする場合には間仕切りが在る客席に行く必要が在ります。

このように、喫煙をしたいけれども、喫煙するお店が無いと言う場合も在るわけです。
最近は医院の中に禁煙外来と言った診療科を設置している所が在りますが、禁煙外来では禁煙指導を行うと同時に、禁煙時の離脱症状を抑えてくれる禁煙補助剤のチャンピックスが処方され、禁煙治療を受ける事が出来るようになっています。

煙草の値段も高くなり、喫煙する場所も少なくなって来たので煙草を止めようと言う人も多くいるのですが、禁煙をすることでの離脱症状は喫煙期間が長い人やニコチン依存度が高い人ほど大きなものとなります。

しかし、チャンピックスは少量のドーパミンを分泌させる作用を持つため、この離脱症状を抑える作用やニコチン依存度を引き下げてくれる作用を持つため、12週間の禁煙治療を受ける事で禁煙の成功に導き易くなると言われています。